医療事務 未経験

医療事務は本当に未経験でも大丈夫

医療事務の資格は国家資格ではないため、資格なしでも仕事に就くことができます。
もちろん、未経験であって医療事務として働くことができます。

 

医療事務の仕事は、受付や会計、カルテ準備、カルテ管理、レセプト業務などを行います。

 

仕事内容は、勤務先によってかなり変わってくるため、未経験である場合、
その点をしっかりと確認しておくことが大切です。

 

街のクリニックなどでは、受付からレセプト業務までをトータルで行うことが多いです。
クリニックなどでは、医療事務員を1〜2人程と少人数であることがほとんどです。

 

そのため、1人1人がすべての業務をこなす必要があるのです。
雑用として、院内の掃除も行うこともあります。

 

大規模な病院では、配属された部署の仕事をすることになります。
総合受付、内科クラーク、病棟クラーク、会計など、それぞれの部署の仕事内容を行います。

 

その配属された部署によっては、全くレセプト業務に関わらないこともあります。

 

未経験者の方にとっては、医療事務の仕事すべてにおいて初めて知ることばかりとなりますので、
先輩から教えてもらえる環境が整っていることが重要となります。

 

街のクリニックなどの小規模なところを選ぶのであれば、
比較的落ち着いた時間が多めの歯科医院がオススメです。

 

内科や整形外科は、1日の患者数が多いため、バタバタした状態になることが多いです。
忙しいとどうしても先輩から教えてもらう時間が減ってしまうので、最初は働きづらくなる可能性が高いです。

 

その点、歯科医院はそれほど急患もありませんし、
予約通りに診察が進むことが多いので、落ち着いて仕事を覚えていくことができます。

 

また、大規模な病院も未経験者にはオススメです。
医療事務の人数自体が多いので、新人に専任担当がつくこともあります。

 

また、場合によってはレセプト業務などは慣れるまでは関わらなくても済むこともあるため、
段階を踏んで徐々に覚えていくことができるというメリットもあります。

 

何より、分からないことがあった時に聞く人が大勢いるのは心強いですよ。

 

 

⇒医療事務講座の魅力はこちら