ニチイ 医療事務通信講座

ニチイの医療事務通信講座は6か月間

ニチイは介護が専門のその中でもかなりの大手の会社です。

 

介護支援はいまでは、様々な問題があり、介護という言葉を聞かない日が無いくらいですが、
ニチイ学館が介護を始めたころは、何から始めたらよいか分からないといった時期でした。

 

このため、ニチイ学館は、介護職に従事するためには、介護職につくための教育支援が必須と考え、
介護に関する教育講座を開始した最初の会社ではないかと思います。

 

当初は、介護職に関する教育支援だけで、しかも、介護職の教育支援を始めたころは、
受講する人も殆どいない時期もあり、教育講座支援の縮小しないといけないと考える必要に迫られたこともあったようです。

 

それでも、細々と介護職の教育支援を進めていたことにより、かなりのノウハウが蓄積でき、
今では、介護職の繋がりから、医療事務関係へと教育の支援範囲を広めていったようです。

 

このようなノウハウの蓄積から、最初は、日本各所に教育を支援する事務所を開いていましたが、
誰でもが実感できる場所を選ばないユーキャンをモチーフに通信講座を開設しています。

 

ニチイ学館の医療事務通信講座の特徴は、教育の期間は6か月で、
その期間内に3回まで通学の授業を受けられます。

 

レポートなどに関して添削を行ってくれるアドバイザーが付き、自身が学んでいる部分の弱点を見つけらることにより、
効率的に受講しているカリキュラムを身につけることができるようになっています。

 

医療事務通信コースとしては、医科コースと歯科コースの二種類が用意されています。
医科コースは、学習した内容を確認するための学習レポートを2回提出し、修了試験を受けて完了します。

 

歯科コースは、終了試験を3回受けて終了します。

 

いずれの場合も、学科の終了した後に資格試験を受験することになり、
資格試験に合格することで資格を取得することになります。

 

ニチイ学館の医療事務通信講座は、上記のようなサポートが充実しているので、
資格取得ができるようになっています。

 

 

⇒医療事務講座の魅力はこちら